AQUA FEEL

ブログ ブログ

  • 市販シャンプーとサロンのシャンプーの違い

    2021/01/22┃AQUAFEEL
    こんにちは!
    今回は市販で売られているシャンプーと美容室で販売しているシャンプーの違いについてお話をさせていただきます。

    まず第一に成分の違いがあります。
    市販のシャンプーの大半は容量の半分は水でできています。
    美容室のシャンプの水の配合量は約3割と言われています。
    つまり美容室のシャンプーの方が髪の毛や頭皮に対しての成分が濃いと言うことです。
    だからといって市販のシャンプーがダメというわけではありません。
    それぞれのメリット・デメリットを交えて解説していきます。

    市販のメリット・デメリット
    メリット
    手頃な価格とドラッグストアやスーパー・コンビニなどどこでも買えるという手軽さです。
    製品の多さで気分で変えたり、地肌や髪質に合わなかった場合も気軽買い替えることができます。
    デメリット
    洗っても蓄積されるシリコンが多く含まれている商品も多いため、
    流しが甘かったするとシリコンが残り、カラーリングやパーマなどに影響を与えてしまう場合があります。
    他に洗浄力が強いものですと、髪や頭皮に合わない場合、痒みなどの悩みやトラブルにつながってしまうかもしれない。

    専売品のメリット・デメリット
    メリット
    ダメージやくせ毛などの悩みにフォーカスして作っている場合が多いので、
    髪質や仕上がり・施術履歴に合わせて担当の美容師と相談して自分に合った商品を選ぶことができます。
    洗浄力が市販のものに比べて優しい傾向があるので、洗うたびに摩擦が起こりにくくパーマやカラーリングの持ちも良くなると思います。
    デメリット
    内容成分に違いがあるため、どうしても値段が高めになっています。
    購入した商品が合わない場合ですと手痛い出費になってしまいます。
    アミノ酸系の洗浄成分が主成分になるため、中にはアミノ酸系が地肌に合わない方はかゆみ等が出てしまう可能性もあります。

    1番大事なのはご自身が望むデザインや状態を長くキープできて、家でも再現できることだと思います。
    トリートメントを良いものを使うことも大事ですが、自分に合ったシャンプーに変える事で、髪質はビックリするほど変わっていきます!!
    自分の髪に合ったシャンプーを使って「美髪」を手に入れましょう!!
  • 新年明けましておめでとうございます!

    2016/01/05┃AQUAFEEL
    AQUAFEELグループも本日から営業開始となります。 昨年は沢山のお客様に来店していただき本当に感謝しております! 本年も去年以上、技術向上、おもてなし精神を高め、お客様に感動をいただけるサロン作り に努めていきます! どうぞよろしくお願いいたします!   AQUAFEELGROUP 代表 宍戸 光太郎

SALON:

MONTH:

scroll top